studioCampanella blog

どうも生きづらい貴方と僕と音楽と

2017-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

………

がーん……


………

よーしこれでいいだろうと自信を持っていたのに
元バージョンと改めて聴き比べてみると元の方が良かった件



…………うーん……orz 反省点…!

・聴いてて気持ち悪い部分を減らしていくことより、聴いてて気持ち良い部分を強調していくほうが大事。

・これレンジが広がりすぎてね?とかいって安易に横並び精神で狭めると、元曲の持ち味(空間性だとか)が高確率で崩壊。そのままどうにかするべき。

だめな子でも個性を認めて伸ばしてあげましょうみたいな精神が大事でした!くそー!
画用紙を真っ黒に塗り続けてクジラ描いちゃうやつか!ああ詰まらない大人になっていた!


というわけで改めてソースから処理しなおしてみたら
簡単に前バージョンより気に入ったものに仕上がったなぁ………(;ФωФ)
でもこれ明日また聴いたらどうなんだろう……。


しかしなんだなあ、そんじゃぁ意外と劇的には変わらないなぁというか、改めて思い返すと
なんであんなに元曲の状態を嫌ってたんだろう? アラばかり見過ぎてたなぁと反省。
気になっていたアラが解消されたかどうかばかり気にかけて作業してたから
気づかぬうちに元の楽曲としての快楽性の部分が失われてたんだなあと…

じゃー何もせず再販しても良かったんじゃないかとか一瞬思い始める始末でしたが
一連の作業でかなり勉強になってるので、このまま突貫することとす。
(;`・ω・´)、三3


っていうか3末完成とかまた嘘つきました!!!!!
3末には入稿できそうだけど、いっそM3に……だれかに委託お願いしたりとかで……

スポンサーサイト

他に趣味がなくて困っている

べるぽ1とか2とかの作業などしつつ、こないだCubase5よやくしちゃった!
18日入荷だっていうので、明日には触れるじゃろかー
正直新しいPCが欲しい…

合わせてHDD整理などもしてます。
終わったプロジェクトファイルって、ずーっとCD-RやDVD-Rに保存してきたんだけど
外付HDDに保存したほうがコストも時間も場所も少ないので、ついに焼くのをやめました。

Cubase5入れる前にシステムのバックアップをとっておきたいんだけど、
どうせ実作業ですぐに使い出す余裕はないから、試しに
事務作業用のMac mini の方に入れて使用感を確かめてみるのがいいのかも。


__________

http://www.mi7.co.jp/pro/duende/studiopacks.php

お。

Duendeはなんか惹かれてしまう。名前がかっこいいから?

しかしチャンネルストリップって、他のメーカーのでもそうだけど、
DAW上じゃなくてプラグインのアウトプットレベルでMixした方が
よりキャラクタが出たりするのかな。そんくらいだと面白いんだけど。
(DAW上での利便性は減るけど…)



…最近Mixのやりかたを少し変えて、
Nuendo/Cubaseのウィンドウセットをちゃんと活用するようになりました。
ショートカット使えると思ってなかったから、ずっとスルーしてたんだよなぁ…(´・ω・`;
まだまだ使いこなし方が足りなかったなぁと反省…


画面一杯にプロジェクトウィンドウを広げたエディット用のセットと、

エディット用


あと、画面上部にマーカートラックと1本分のチャンネルだけ連動表示させて
他にはほとんど何も無い状態の、Mix用のセットとを作りました。

Mix用

こんなかんじ。
なにもないところにプラグインを開きまくる。


今までいちいちプロジェクトウィンドウ上でトラックを選択しては
プラグイン窓を開いて、別のトラックいじりたければまた選択して…とやってたんだけど、
その都度プラグイン窓がプロジェクト窓に隠れたりするし、
どうしてもトラック単位で調整っていう意識になりがち。

下の画像みたいに、関連性が強いトラック同士のストリップを表示させっぱなしにすると
それぞれのEQやコンプの具合、レベルなどをちょいちょいといじれるので、
すんごいすんごいすんごい楽になりました。
試行錯誤しやすいから無意味な決断に迫られないというか。
複数トラックに同時にアクセスしやすくなったってだけなのに、結果的に音に余計なことをしなくてよくなって、結果にも明確な差がでてびっくりです。

トラック間の相互作用を同時にチェックできないと、
「このトラックにはこんくらいコンプかけておくか、そしたらちょっとEQで調整しないと、うん良いかな、じゃあ次のトラック……」とかそういう流れに縛られちゃって、そうやってトラック毎にダイナミクスが平均化されたものが積み重なって、それでゆとりのない平面的な音に仕上がってしまうんだなぁとわかった気になっている今日この頃です。


ぁぅぁぅぁ

 
液晶タブレットを導入すればいいんじゃないのだろうか!(Ф□Ф)


そんなことを通常の妄想より激しく必要性を伴って実感中。



____

プラグインのつまみを指でちょいと指して、つつっとパラメータを動かせば一番楽なんじゃんー
いや、あれって指じゃだめなんかな…

Lemurなんてのもあるけど、以前楽器屋で触った時はあんまり反応が良くなかった記憶が……
それにいちいちアサインとかそういうのやるのは、いくら「簡単です!」とかいっても億劫な気がするなぁ。結局、見えてるものをそのままいじれるのが当然一番いいとは思うし。

次期Windowsはタッチスクリーンだとかなんとか言うから、そんな世界になったら色々なフィジコンがお役御免になったりするのかな。


_____

うおう超きになる

デジタルディバイドの下側の方々向けな雰囲気がやや不安感を誘うのはいたしかたないとして(先入観)、製品そのものはとても有効活用できそうな……



 | ホーム |  »

プロフィール

inazawa

Author:inazawa
E-mail : こちらへどうぞ(返信遅いです)
Web : www.studio-campanella.com

最近の記事

最近のコメント

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

検索フォーム

thanks Wikipedia

Wikipedia Affiliate Button

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。