studioCampanella blog

どうも生きづらい貴方と僕と音楽と

2008-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

natal / anNina

 
マスターアップしました…


http://www.voltagenation.com/annina/
(→ discography から試聴できます)

クロスフェードサンプル(mp3)

各曲単体でのデモサンプルもサイトにあります。
切り取ってる部分が違うのでぜひ聴いてみてくださいませ。


対象aリミックスは、元の6/8拍子を全部5/4拍子にしちゃいました。
原曲○イプ的ですが原曲つくったのが自分なので誰にも怒られることがない安心感。
(とか思ってたらAnnabelさんに文句いわれた)

原曲で録ったギターとストリングスの素材をセルフサンプリングして遊んでたら、
ミニマル感覚が呼び起こされてギターが5/4拍子でループし始めたんです…。

ドラマチックに7分半かけて盛り上げていくよ(`・ω・´)


__________
_____


 今回 anNinaとしてやりたい音を模索していくなかで、
欲しい音の世界観や質感を突き詰めながら時間をかけて作ることができたので、
Campanella名義でCD作った時と、良い意味で感覚的に変わらないところがあるなぁ。

 もちろんユニットとしての有機的なやりとりがあって作品世界が出来上がったし、スタジオで弦録りさせてもらったり、理想的なパッケージが優秀な人の手で(自分が何もしなくても)仕上がっていくっていうあたりが全然違うわけだけど、

 結局、音そのものについては、家のなかで一人で試行錯誤を繰り返して仕上げていくっていうのが昔から全然変わらなくて、中学生ぐらいの頃からずっとやってきたことと本質的に変わってないなぁという感じ。

 アレンジ詰めてエディットしてMIXして、途中でアレンジに立ち戻ったりとか、ラフミックスの時に感じたはずの確信がMIXしてるうちに消えちゃってて悩んだりとか、そういう孤独な時間が一番長いし、今回はマスタリングまで自分でやらせてもらって、最終的な出音を最後まで自分で掴んで操作してるから、だから自主制作の時と変わらん感覚があるのかもしれないなぁ。
 やっぱり自分はこういうのが性に合います……


_____

 でも今回は、仕上げの段階でAnnabelさんから客観的な意見が入ってとても助かったという。やっぱり複数人で意見だしあって音源を作ったほうが、仕上がりは映えてくるなぁと実感します。
 そういう音源作りもやりたいなぁ、誰かと一緒にアレンジするとか……なんか機会作って作品としてちゃんと作ってみたい。


 今回も録音やMIXなどについて本当に多くの発見や収穫があったし、そういう自分の内側の資産が積み上げられていくのが楽しいというか、今後へのわくわく感につながって良いなぁ。自信ってやつはすごく消費が早いというかナマモノみたいなものだから、がんばって自信を補給していかないと…。


 さあ次の作業するか(;ФωФ)


スポンサーサイト

ぁぅぁぅぁ

 
液晶タブレットを導入すればいいんじゃないのだろうか!(Ф□Ф)


そんなことを通常の妄想より激しく必要性を伴って実感中。



____

プラグインのつまみを指でちょいと指して、つつっとパラメータを動かせば一番楽なんじゃんー
いや、あれって指じゃだめなんかな…

Lemurなんてのもあるけど、以前楽器屋で触った時はあんまり反応が良くなかった記憶が……
それにいちいちアサインとかそういうのやるのは、いくら「簡単です!」とかいっても億劫な気がするなぁ。結局、見えてるものをそのままいじれるのが当然一番いいとは思うし。

次期Windowsはタッチスクリーンだとかなんとか言うから、そんな世界になったら色々なフィジコンがお役御免になったりするのかな。


_____

うおう超きになる

デジタルディバイドの下側の方々向けな雰囲気がやや不安感を誘うのはいたしかたないとして(先入観)、製品そのものはとても有効活用できそうな……



ぁぅぁー

 
今日はいい天気だなぁ……


天気が良くて少し風のある日に聞こえる、街の空の音って、なんだか泣けてきます。
こぉー、っていうやつ。遠くの高速や幹線道路を走る車の音が、空に響いてるのかな。


毎朝風呂に入って腰背中を温めないと椅子に座ってられなくなってきた。
がんばって背骨の手の届かないあたりに点温膏(おじいちゃんパッチ?)を貼りました。


ぁー ぁぅぁー
ぁぅあぁうあー



_____

エフェクタや録音でなく、自然で生々しいアンビエンス感を得る最良のやり方がやっと掴めたような気がする。

すべての音はスピーカーから再生された時点で、その部屋なりのアンビエンスが得られるのだから、どだい生々しさは空間エフェクトでつけてもあまり意味がない。EQでいいんだEQで。倍音構成でピントは合わせておくとして、アンビエンス感は、豊かで遠慮のない低域具合によって再生環境の位相ズレを誘うのがいいんじゃないのかと思いました。

だいたい聴いたリスニングポイントなりの位相の状態で、聴覚が補正して聴いてるんだから、スイートスポットで絶妙に聞こえます程度のエフェクタかけるより、スピーカーに十分に空気を揺らしてもらって位相に干渉したほうが、再生環境それぞれに見合った生々しさが得られると思った。

ローが豊かな分だけヘッドホンでも生々しさがあるし、スピーカーではちょうどいいのにヘッドホンだと音がダブついててわざとらしいとか、ヘッドホンではちょうどいいのにスピーカーではピンとこないとか、そういう聴感上の差が無くなって、モニター環境を切り替えた時に「やれやれ」と思うことが無くなってきた。



※1ヶ月後には「いやーそんなことなかったなぁ…」とか言ってるかもしれないけど…


歌録り

これいいなぁ~
http://www.asahi.com/national/update/1106/TKY200811060002.html?ref=rss

高域が強くない、まったりした柔らかい音になりそうだし(多分)……。
なんだか素敵な感じ。


_____

今日はmewlistさんの曲の歌録りでした。
あれ? 先日もmewlistさんに会ったような気が……(・ω・)
人数多め、お初の方もおられる楽しい録りでした。

サイト告知があるようなのでリンク張ってもいいのかな。

『Cocoon』 / kaede.org


mewlistさんの曲に、茶太さんの歌の組み合わせということで
なんかそれはもう、好物に好物をくっつけちゃうような感じ。
ストイックでスケール感のある、凜としたステキな楽曲群です。超おすすめ。


あとoktavaのマイクを1曲試してみたら、すごくハマった! 買っといて良かった。
弱めのファルセットを暖かく録りたい時に、泣けるほどハマる感じです。

ううー

腕も腰背中も胃も頭も痛いわで、
氷水で冷やしたり風呂で暖めたり太田胃散のんだりナロンエースのんだりして、
動けるようになったのでマッサージ受けたりして、やっと回復してきました。
2件レコーディングをお断りしてしまった……ぁぁぁぁ…すみません…

インドメタシンが心強いです。あー出来るだけマウス動かしたくない。
カバーしてたら左手も痛くなってくるし…


ミントの芽
(わかりづらいな)

室内で蒔いたミントの芽が出た。2、3日で出た。あれ?


だるくていたい

 
右手が…右腕が…痛い……
これが…腱鞘炎…?(´□`;

(なったことがありませんでした


レコーディングやエディット作業が連日になると意外と高負荷だとは思ってたけど、
氷水に浸けて寝て起きても、ちょっと指がぷるぷるしてこえーです。
軽度なんだと思うけど、悪化したら作業にならないので微妙にクリック恐怖症気味…


・エディット時のイベント前後のカット/フェード処理
・MIX時のプラグイン選択と微調整時の姿勢維持、オートメーションの書き込み

が高負荷な気がする。
前者はどうにもならん……けど、後者は Faderport か Alphatrack があるとやっぱり良いのかなぁ。
EuConがWindowsにも対応してくれたらいいのに。


それよりなにより、マウスよりトラックボールの方がやっぱりいいのかなぁと、ずっと感じてるんだけど、あんまり触ったことがないから利便性がどれだけあるのか想像しにくくて踏み出せません。
そんなに違うもんかなぁ。店にいって触ってみないとわからんし…


サイバイしちゃうぞ



植物育成用蛍光灯が届いたので、さっそく設置してみた。

サイバイ


あやしい!



普段はまぶしいので、昔からなぜかうちにあるフシギな柄のタペストリーで覆ってみた。

サイバイ2


あや しい !!



ちょっと考えたほうがいいかもしれない。



mix会はたのし

今日は馬鹿の極みさん(これ名前なの?)と一緒に、
先日録ったボーカル、サックスの曲などを混ぜました。

丁度待ち合わせ時間頃に、なぜか本日関係のないmewlistさんが、「予定通りに着きまーす」とか携帯メールを送りながら一週間まちがえて来ました(来週にmewlistさんの曲を録るのです)。
どうせ仲の良い3人なので、そのまま迎えて皆でmix作業&お勉強会に。

超グルーヴィーにシェイカー(楽器の)を振る馬鹿の極みさん。
しゃかしゃか

殊勝なナイスガイなのに、こうして見るといかがわしい風体です。
だからというか、ミュージシャンっぽいよ!


_____


こないだ録った素材はあれから放置してたのだけど、サックスをちゃんと聴いたらやっぱりオンとオフの位相がおかしい。だめじゃん…
少しずつオフを後ろにずらしてって、0.06msecあたりでだいぶマシになりました。
もうちょっと距離が必要ってことなのかな……でもブースはそんなに広くないし……
今度はオンをもう少し離して普通に一本で録ってみたいところ(´□`;

オンはやっぱり歪率を上げすぎてか(いくらなんでもフルブーストだった)、単体であの箇所を聴いてるとプラスチックっぽい音にも感じられて気になってたんだけど、結局オケの中ではいい具合に立ってくれて手間がかからなかったし、リバーブ乗りも良くて問題がなかった気がする。妙に腑に落ちないような、拍子抜けの気分もあり。

もう少し中庸な音を心がけようって気分でいたんだけど、曲に合ってるならそんなに気にしなくても良いものなのかもしんない…?


_____

明日も収録です(`・ω・´)



 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

inazawa

Author:inazawa
E-mail : こちらへどうぞ(返信遅いです)
Web : www.studio-campanella.com

最近の記事

最近のコメント

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

検索フォーム

thanks Wikipedia

Wikipedia Affiliate Button

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。