studioCampanella blog

どうも生きづらい貴方と僕と音楽と

2009-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時の流れが速い

どうしても昼夜逆転がなおらない………orz

部屋を片付ける気も起きないまま、
ぼんやりとネットで引っ越し先物件を調べる日々を過ごしてます。
埼玉の東武東上線沿線を狙ってます。
もうこのへやいやだ。


_____

とりいそぎ冬の参加作品ですが、

先の「而立」のほかは、
VoIの「空想活劇」という作品に1曲、anNina名義で参加したくらいです。
今回はみーまーで死んだので楽曲での参加はこの2つだけです(;ФωФ)

あとはおなじみミサワさんやTsukasaさん、あとMorriganさんの作品などで
ボーカル録音を手伝わせていただいたという感じ :oD
同じVo&Arrの組み合わせで名義が違ったりとかいろいろで(笑)ちゃんと把握はできていません…


録りでいうと、「空想活劇」では深水さんの曲のボーカル録音もやらせてもらいました。
これはとても楽で良かったというか、
歌と作詞作曲アレンジの両方が本人の出力だから、作品性に歪みの心配が無くて、
歌と曲とのマッチングの作業(ボーカルディレクション)を必要としないんですよね。
だから楽っていうか頼もしいっていうか、一緒にテイク判断しただけみたいな
ゆったり楽しいレコーディングの一日でした :o)


そういやミサワさんとmewlistさんの組み合わせの
うみねこのイメージサントラの楽曲でも歌録りを手伝ったのでした。
mewlistさんおなじみのカタルシス感溢れるかっこいい曲に
ミサワさんの憂いと決意感のある歌声っていう組み合わせです。
それで想像出来た形でまったく期待していい通りのたまらん楽曲です(/ω\)

囁いたり朗々としたり、レンジの広い曲を録るのは難しいけど楽しい。
情感の高まりに合わせて声にコンプがひっかかった瞬間、仕事してる充実感を味わえます(何それ)


_____

参加作品の告知のつもりが、ただの収録よもやま話になっているのはいつも通りかな…

引っ越したらいずれ一回り大きいブースにしたいなあ、
3畳あればボーカル録りぐらいには十分で、それ以上は外使ったほうがいいって感じです。
正直ボーカルは、時間1万そこらのスタジオで録るよりは
がんばって自宅に環境を作ったほうが良い作品作りにつながるんじゃないかなと思う(´・ω・`)よ


スポンサーサイト

而立

某所マスタリングが今日片付いて、寝て起きて、
なんかうまいもん食いたいなあと思ったんだけど
いつものように一人デリバリーを頼むには何だかはばかられる日です。




試聴が出ました。

kaede.orgのほか、茶太さんとこ、くない瓜さんのとこでも取り扱いされる予定です。
委託販売は……どうなんだろ。する方向で調整するはず…(;ФωФ)


__________

…おなかすいてきたなあ


「而立」マスターアップしました。

みんなすごく良い曲を書いてきました。

これで今年はほぼ終わった…
ようやく重圧感から解放された日々を過ごせそう。
やれやれ、この半年、どんぐらい人と会ったっけ…と思って数えたら38日間だったので
辛かったわりには結構あったなと自分的にはびっくりです。でも月換算するとやっぱり少ないな。
大体7月と11月のレコーディングでした(わかりやすい)


12/30当日は、「而立」取り扱いスペースのkaede.orgさんで
ひさしぶりに売り子で参加する予定です。
これはみんな曲も歌詞も素晴らしいし、ジャケも素敵だし、
自分の曲もマスタリングも、時間に余裕を持って納得いくまで詰められて、個人的にも満足の出来。
嬉しい一品でございます。

言い出しっぺの茶太さんと、良くも悪くもマイペースに仕上がっている
愛すべき創作性社会適応障害の三十路野郎達と、それをなんとか率いて制作進行してくれたadumiさんに感謝。
いやーひどかった、みんな自分のことで精一杯だけど、周囲の判断は勝手に信用してるので
何も言わないし反応しないから現況が一向に浮かび上がらないみたいな。
普通にだめじゃんそれ的な感じでも、立派な作品に仕上がるのが三十路の不思議。
いろんな意味でとてもよかったと思います。

そんなぼくらの一つのマイルストーンを是非、手にとっていただけると嬉しいです。
アルバムだなあと思います。


 | ホーム | 

プロフィール

inazawa

Author:inazawa
E-mail : こちらへどうぞ(返信遅いです)
Web : www.studio-campanella.com

最近の記事

最近のコメント

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

検索フォーム

thanks Wikipedia

Wikipedia Affiliate Button

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。