studioCampanella blog

どうも生きづらい貴方と僕と音楽と

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宅録にっき その2

毎日のanNinaのアルバム作業とは別件で、
今日はおともだち依頼でボーカル&テナーサックス録り。

ボーカルのひともサックスのひとも巧かった!超実力派でした :o)
冬祭り合わせなのかな? この曲はmixまで関わることになりました。楽しみ。
FANTASTIC MIND & SOUL aka 馬鹿の極み」名義だそうだけど……そういやサイト無くなってるんじゃ……。


ボーカルはなんと3テイクですべてが終了(;ФωФ)
あれ?1stテイクで終わった? いやいやちょっと、今のはレベルチェックのつもりだったんですが…という感じで…。録っててよかった…油断ならねえー

パワフルなのにディティールに説得力がある、見事な歌い手さんでした。うーんかっこいい。


_____

サックスのひとがまた巧くて、安定した良い音色を聴かせていただきました。燃えるー
バークリー卒とかいって、たしか僕のひきこもり音楽人生では今まで縁がありません。

輝くてなー

サックスはヤマハとセルマーとヤナギサワくらいしか知らない僕です。
これはカイルベルスというドイツのメーカーなんだそうな。


_____

宅録でのホーン録りにはどうも及び腰だったのだけど、結構いい感じに録れちゃった。
セッティングしてブースから戻ってくると、スピーカーから「あれ?」っていう気持ちいい音が鳴ってました。ていうか演奏がまず巧いなぁ、これは…。

良い演奏が良い音で自宅で録れて、奏者とお知り合いになっちゃったとなると、今後どんどんアレンジにサックスを入れてみたくなります(;ФωФ)
そんだったら、またジャズ寄りなアレンジを作るのもいいかな……


許可をもらっちゃったので、今回も録り音にリンク。


注意:24bit/44.1kHz/mono/wavファイルです


オンマイク側:C414B XLII - LiquidChannel (Neve1073エミュレート)

オフマイク側:NT2000 - ISA110re

合体!


ラスサビでボーカルに絡んでくるサックスの部分。

今回はいずれもローカット無し、曲的に派手な音が良さそうだったので、LiquidChannelの1073エミュでは歪率をかなり上げてみました。上げると高域が派手になって低域が締まる感じになるなぁ……詰まった感じというか。

オフマイク側は少し控えめにしたほうがいいな……というか、中低域というか、ルーム感を多少削りたい気がする。若干位相が気になるような部分もあるし、今度機会があったらそこに注意してマイクの位置をもうちょっと変えてみたいです。でも2畳で天井の高さもないから、限界があるのかなあって気も……


改めて聴いてみると、曲調的にはオンマイクだけでいいような気もする。

オンマイク側+ドラム

オンマイク+オフマイク+ドラム

前者のほうが鋭さがあって、かつ高域のデッド感が、まあそれっぽいというか…。
後者になるとエア感の分だけ色気がある感じ。

でも曲中の静かな部分ではエア感あった方がいいなと思うし、デッド感(+いかにもなリバーブ)のサックスとかっていかにもスムースジャズですみたいな音になりそうで、ある意味古いんじゃないかというか、ひねくれものとしては避けたい気がします。(偏見まるだし)

オフ少なめで使っていこうかな…。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiocampanella.blog19.fc2.com/tb.php/180-d0736344
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

inazawa

Author:inazawa
E-mail : こちらへどうぞ(返信遅いです)
Web : www.studio-campanella.com

最近の記事

最近のコメント

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

検索フォーム

thanks Wikipedia

Wikipedia Affiliate Button

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。