studioCampanella blog

どうも生きづらい貴方と僕と音楽と

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんな最近

sakura.jpg

ここ数年、音作業の関係で家ではあまり酒を呑まなくなったので
たまに外に出たり人に会ったりした時に、酒をがんがん呑みたくなります。

で、「食べる前に飲む!」みたいな薬の必要性を感じるようになってきたお年頃です……。


__________


UADのHarrison32Cを試してみたら新しい世界が…(;ФωФ)=3
あと6日でデモが切れちゃう…!くそーUADの搾取が終わらない…

UADmoe.mp3

制作中の歌モノのオケからピアノ&ベース&ドラムの3パートだけ再生、
アンビトラックの処理を思い切り良くやるようにしてみたら結構生々しい音場に。
(ちょっとキックが突出気味だけど)

UADが無ければ生きていけません(ラブ的な意味で)。
あとはテープシミュを出すべき。ほんとたのみます。


__________

とあるCDのサンプル盤を聴いてみて
あまりのマスタリングのひどさに超がっかり。
どんだけいい加減な惰性の仕事をしてりゃこうなるんだっていう…

EQかける前提でぐりぐり音をいじり始めていくと陥りやすい失敗として、実は単純にリミッターかけて必要な音圧を出してみただけの方が明らかにマシな結果でしたっていうケースがあると思うんだけど、そういう事にだけはなっていないように絶対気付くべきというか、そういうケースでの失敗っていうのが一番制作者に失礼なんだなあと痛感します。

エンジニアの自己満足で楽曲制作者の思い描いている音がぶち壊される可能性を考えたら、毛色の違うMixが集まったアルバムなんかの場合、安易にEQで合わせていこうとする前にまずレベルから慎重に合わせていくアプローチが大事だよなーと感じている今日この頃。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiocampanella.blog19.fc2.com/tb.php/239-3dd12f54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

inazawa

Author:inazawa
E-mail : こちらへどうぞ(返信遅いです)
Web : www.studio-campanella.com

最近の記事

最近のコメント

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

検索フォーム

thanks Wikipedia

Wikipedia Affiliate Button

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。