studioCampanella blog

どうも生きづらい貴方と僕と音楽と

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌詞とメロディと日本語

 
 どうにでも歌が載せられそうな曲だと、逆にどうしていいものやら……

 大してコンセプトが無いなら良いけど、コンセプトの縛りがある上で曲先で歌を作るのは、自分の場合やっぱりキツいや。


 歌詞にぴったり合うメロディを作るのは簡単だけど、メロディにぴったり合う歌詞を作るのは大変だ………と思っているから、先の事を考えて身動き取れなくなっていくわけなんだけど、うーん。メロディ作るのが専門だからそう思うのであって、作詞が専門の人にとっては同様に、作詞ならいくらでもやりようがある、と思っている面がありそうな気はする。
 勝手に苦労し続けるより相手に苦労させてみるっていうのも手、かもね。

 でも客観的に考えても、メロディよりも歌詞の方が、それを構成する時にパズル要素が2、3次元多いんじゃないかと思う。たとえ詩として完成度が高くても、メロディの抑揚やタイム感に合っていないだけで歌詞としては格段に完成度が落ちるもの。そんだったら始めから、左脳的な完成を得た歌詞を右脳的に展開させて音楽にするほうが、ずっと効率的だ。だってその逆は大変だよ。方程式から答えを作るんじゃなくて、答えから方程式を作らなきゃいけないんだから。歌詞ってのは方程式で、メロディはその必然的な答えだと思う。
 まあ勿論、歌詞だって音楽だって、右脳も左脳も両方使うけれど。


 あー、どうしようかなぁ。

 英語だと、下地となるアレンジのリズムに載せやすいから楽なんだけど、日本語は日本語のリズム自体がアレンジに組み込まれていないと浮いちゃってたまらないから、そのあたりが大変。コンセプト上やりたいアレンジと日本語のリズムが合わない場合に、どうやってうまく両立させるかっていう……

 さて………うーん。


 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

inazawa

Author:inazawa
E-mail : こちらへどうぞ(返信遅いです)
Web : www.studio-campanella.com

最近の記事

最近のコメント

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

検索フォーム

thanks Wikipedia

Wikipedia Affiliate Button

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。