studioCampanella blog

どうも生きづらい貴方と僕と音楽と

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時の刻みは

→ おれにはない
   あんただけのものじゃない

同時に二つの言葉を思い出すのでどっちだっけと思ったら両方言ってるという。
適当いいやがって哭きの竜さんよ。




ついさっきAmazonで交響組曲DQ4をぽちったはずなのに
いつのまにか玄関ノブにメール便がひっかかっていた。
びっくりだ。


最近とくに部屋の眺めに飽き飽きしてきた…… orz


_____

DQ4.jpg


ついでに去年だかにヤフオクで手に入れたドラクエの小説(?)も一緒に。
これも小学生の頃に読んでて、ふと懐かしくなって探してしまったんだよなあ。
あとDQ3の公式ガイドブックが読みたい。赤いやつ。


なんかここ数年、ノスタルジーに救いを求めるような行為が多いような……
毎日まいにち家の中で仕事してると孤独感がひどくてですね。子供の頃を思うと心が満たされるのか?
よつばと!で癒される理由ってやっぱそこだよなー。
あー 4の船の曲たまらん…………(´□`)


エスタークきもいよエスターク
あの曲って当時すごく不評だった気がするけど(ゾーマのあとだしなあ)、PSGだからあれなんであって、そのPSG3和音なゲームミュージックの世界にオケの感覚で作ったスローテンポな曲を「ボスです」っつって無茶なダウンコンバートをして持ってきちゃってるのがなんか普通じゃない感じで、そのへんが好きでした。
まあ曲自体は御多分に漏れずゾーマのほうが好きだったけども。


コメント

bermeiさんの音にいつも泣かされている者です。新曲、新作が発表される度に小躍りしてます。感謝。

今までは恥ずかしさからコメント打つことが無かったのですが、「赤いやつ」が懐かしすぎてつい釣られてしまいました。(呪文一つ一つに絵が描いてあるやつですよね)

そして交響組曲DQ4、私の家にもありました。洞窟のBGMをmidiに打ち込んでニヤニヤしながら聞いていたのを思い出しました。恥ずかしい。

いつも聴いてくださってありがとうございます…! そしてコメントありがとうございます∩( ・ω・ )∩
自分の作った音で何か感じてくれる方がいるのを知る度に、ともだち100人できるかなみたいな感覚を覚えます。救われます。


赤いやつ、呪文の絵ありましたっけね…!そういえば!いやー懐かしい……
www.suruga-ya.jp/database/179002265001.html
うおお結構出回ってる! たしかこのロトの剣が箔押しだったような…

DQ4の洞窟ってなんか作曲すごいですよね、あんなのループで聞かされるんだから、当時の小中学生の音楽的感性を開発していたろうなと思います(/ω\)

bermeiさんの音楽すきです。

つい、「ノスタルジー」に反応してしまいました。
私は、在宅の仕事してるわけじゃないですが
昔の記憶が癒してくれることってありますよね。

『Real Season』の「海」が僕にとってのそれで
聞くと、私が、仲間と作品つくりに打ち込んだり、馬鹿やったりと楽しい事ばかり思い出します。
仕事テンパってるときほど、その傾向がつよいので
あれですかね。テスト前に掃除始める感覚と似てるんでしょうか。

数年前からファンやってて、こそこそみていたのですが
べるめいさんの曲大好きです。

ありがとうございます…!

どうも後ろ向きっぽい響きですけども、一番美しいものって過去かもしれないと、昔から思っているところがあります。で更に、音楽ってやっぱり過去の空気感と一緒に記憶に残るから、昔よく聴いた曲が持つ力ってほんとすごいですよねえ。

その懐かしい感じを味わいたくて音楽を作るのかもなあと何度も思ったことがあります(自分の昔の曲を聴くの大好きだし)、だから作品発表をしていく上で一番嬉しいのって、だれかの(美しい)過去の一部にその作品が残った、っていう感覚です。自分の分身が美しい何かに昇華されるようなもので、これは死んでもいいクラスの喜びです。

いつもそんなこと考えてるわけじゃないですが(笑) こうして実感する機会があるたびに幸せを覚えます。
書き込んでくださってありがとうございました :oD

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiocampanella.blog19.fc2.com/tb.php/265-53a62640
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

inazawa

Author:inazawa
E-mail : こちらへどうぞ(返信遅いです)
Web : www.studio-campanella.com

最近の記事

最近のコメント

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

検索フォーム

thanks Wikipedia

Wikipedia Affiliate Button

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。