studioCampanella blog

どうも生きづらい貴方と僕と音楽と

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010


新年あけましておめでとうございます。



年末30日は、朝からスペースで売り子をしていました。
場所的に寒くないだろうと思ってたら目の前のシャッターが開いて、寒さに震えておりました。
お久しぶりの笑顔に会ったり、初めましての方が声をかけてくれたりと
色んなひとと話が出来てとても嬉しかったです :o)

あの1日で急に数ヶ月分くらい言葉を喋ったぐらいの感じで、なんか後半だんだんと
脳みそをつかった会話が出来なくなっていた気が…?
家に帰ってから数日間、ずっと舌の左右両側が痛い状態でした。強張って奥歯にぶつかっていたみたい。


終了後は恒例の、40人くらいの合同打ち上げ。いつもありがたい機会です。
いつもはこの為だけに夕方から来るっていう不届き者なんだけども、
今回は朝からなのでへろへろで、黙々と飯を食うのが優先されがち。
落ち着いて酒が入って出来上がってきた状態で、もっとたくさん人と話をしたかったなぁ、
ちょっとした会話ぐらいしかできないと逆に寂しいもんです。

つうか酒だなー。もっと人と呑もうと思います。
酒の何がいいって、お互い格好悪いところを見せあうからいいんだよ。



____________________


年越しは、今や年に数回お目にかかるかという感じの
旧知の楽しいひと達と一緒に、

・鷲巣麻雀 with 紅白歌合戦
・上野で年越し呑み
・神田で初詣

と過ごしてきました。

鷲巣麻雀はみんなして頭を卓上に突き出してキョロキョロ見回してから1打、の繰り返し。
interfaceさんに言わせると、
「あれはアカギと鷲巣のサシだから成り立っていたんであって、4人でマジメにやると麻雀にならん」
とのこと。まあ確かにならん上に、だれかが紅白に気を取られて多牌して終わる有様でした。


紅白は久しぶりに見た気がするけど、正直なところ
肌の毛穴まで見えそうな高画質放送のこの時代、
出演者のちょっとの迷い、気迫の薄さ、パフォーマーとしての格なんかが簡単に看破されちゃって
本当に本物じゃないとまるで観るに耐えない感じがあってつらい。
やっぱりNHKって音響も画面もリニアな感じというか、
ハードコンプ感やカメラ演出で迫力がごまかされたりしてないから
出演者からすればキビシイだろうなー。

IMG_0231.jpg

そんで居酒屋で年越しを迎え、3時頃に初詣、
神田大明神は初めて行ったけども、想像してたのより大きくて人がたくさん来ていた。
あれ?いま巫女装束を着た白人さんが……と思ったらカメラスタッフがその後を追っていました。
なんかの番組だろうか。
出店が盛り上がってて美味しそうだったんだけど、みんな腹一杯でスルー。残念。

_____


あと初夢は、なんか妙なAVっぽいよくわからんものでした……
年越しの時におもしろAVの話を聞いたせいだと思います。
なんだよミッション物って。
は、初夢が………(つ□`; )


コメント

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

自分は紅白も見ずに5,6時間ずっとマイク越しに数人とだべってる感じでしたw初詣も行かず、そもそも外にも出ずという引きこもりでしたorz

でもその後麻雀はしましたよ。コタツに入りながら半荘4局やったら流石に足がしびれましたが、それでも出れない。コタツの魔力恐るべし(・ω・`;)

今年もよろしくおねがいいたします :oD

あーSkypeとかですかね。いいですねぇ。
ステレオ対応で、真ん中、左、右とパンを分けて4人通話が出来たら、オンライン麻雀もだいぶ楽しくなりそう。

スカイプのオンライン麻雀面白そうですね…!


そんなわけで、今年もよろしくお願いいたします。

やっぱコミュニケーション取りながらやれる麻雀のほうが魅力を感じますねえ。
黙々と打つのってすんごい集中しないとダメな感じなので…orz

というわけで今年もよろしくおねがいいたします。
今度呑みましょう :o)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://studiocampanella.blog19.fc2.com/tb.php/285-707797ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

inazawa

Author:inazawa
E-mail : こちらへどうぞ(返信遅いです)
Web : www.studio-campanella.com

最近の記事

最近のコメント

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

検索フォーム

thanks Wikipedia

Wikipedia Affiliate Button

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。